限りある資源のリサイクル|アルソックが提唱するAEDの設置を当たり前にしよう
紳士

アルソックが提唱するAEDの設置を当たり前にしよう

  1. ホーム
  2. 限りある資源のリサイクル

限りある資源のリサイクル

工事現場

汚染された土砂を再生する

多くの自治体では建設時に発生する残土を土質改良プラントによって再利用しています。これは限りある資源をリサイクルするという公共のための措置です。建設時に発生する残土は色々な汚染物質が混入していたり、地質が不均等なのでそのまま使えないのです。このような建設発生土を土質改良プラントによって良質の土に変えることができます。そのような土なら公園を作ったり、学校の校庭を作る時に再利用ができます。日本のように国土が狭い国では、土質改良プラントの存在意義は大きなものがあります。自治体が建物建設を発注する際にも、建設発生土を土質改良プラントによって地質を改善するという項目も契約内容に含まれていることが多いです。それだけ土質改良プラントの必要性が高まっているのです。

改良された土の色々な用途

土質改良プラントによって改良された土は色々な所で再利用されます。例えば大きな地震の時には液状化現象が発生します。液状化によって崩れた地盤を補強して再生するために改良された土が使われます。汚染物質を除去してあり地質も均一化されているので、再生した地盤の上に住宅を建てても安全です。また軟弱な地盤に大きな工場などを建てる場合は地盤を広範囲にわたって補強する必要があります。そのような時にも土質改良プラントで改良された土を利用します。目的によっては改良する時にコンクリートなどを混ぜて強度を強めることもできます。一般の家造りでも地盤改良工事を行うことがありますが、そのような時にも土質改良プラントで再生した土が使われます。このように安全性を必要とする多方面で利用されています。